痒いアトピーは早急に改善|肌荒れ知らずで素肌に自信

緑色のサプリ

バランス良く摂取する

手を広げる女性

厚生労働省の調査によるとアトピー性皮膚炎の患者は、平成18年の段階で約38万人、平成20年で約35万人、平成23年で約37万人となっています。またアトピー性皮膚炎は小児に多い病気ですが、成長とともにその患者数は減ってきています。しかしながら最近では、20歳を超えてから発症するタイプの人も見られています。このようにアトピー性皮膚炎の患者数は横ばいになっているため、今後患者数が急に増える可能性は少ないかもしれません。しかし大人になって発症するタイプもあるので注意しなければならないでしょう。また現在では、アトピー性皮膚炎と遺伝の関係も調査されています。そのため今後アトピー皮膚炎に関する調査や研究が、どんどん進められていき新しい事実が示されるようになるでしょう。

アトピー性皮膚炎を予防するためには、普段の食生活でバランスよく栄養を摂り入れることが重要になります。例えば、ビオチンやパントテン酸、ビタミンB6などのビタミンB群が不足すると皮膚炎をおこしやすいと言われているので注意する必要があります。また亜鉛も重要な栄養素です。亜鉛には皮膚の生成を促したり、免疫を上げるためのサポートをする働きがあると言われているので、不足しないように注意する必要があります。更には脂肪酸の摂取の仕方にも注意する必要があります。特に不飽和脂肪酸には、n-3系とn-6系とがあります。脂肪酸はバランスよく摂取する必要がありますが、特にn-6系不飽和脂肪酸を摂りすぎるとアトピー性皮膚炎を悪化させてしまうので注意する必要があります。