お中元の歴史からマナーまで知っておくと便利

相手との関係性も重要!お中元は相場を知って選ぶ

お中元の歴史からマナーまで知っておくと便利

贈り物

お中元とは、1年を2つに分けたときにその節目となる7月15日の事を中元と呼びます。今のお中元の始まりは、中元の時期にご先祖様へのお供え物をしたりお世話になった人へ贈り物をしていることが今のお中元の形となっています。

お中元を贈る時期は関東と関西では大きく異なります。関東は7月初旬から15日、関東は7月下旬から8月15日までです。もし、この時期を逃がしてしまった場合は、暑中見舞い、それでも遅くなってしまう場合は残暑見舞いとして贈りましょう。

お中元の相場を調べる

お中元の相場は3,000円から5,000円くらいと言われています。親戚や友人であれば、3,000円のお中元でもいいでしょう。ただし、職場の上司や目上の人なら5,000円の品物を選びましょう。あまり高価なものは相手の負担になるので避けましょう。

お中元を頂いたらすること

頂いたらすぐにお礼状を書くようにしましょう

お礼状の意味は、お中元をいただいたことへの感謝の気持ちを伝えるという点もありますが、無事にお中元が届いたことを伝えるという点もあります。相手が親しい友人や親戚なら電話でも構いませんが、職場の上司や目上の人に関しては、きちんとお礼状を書くようにしましょう。

お礼状は手書きで書くようにしましょう

パソコンのほうが字も綺麗で簡単に作成できることから、ついついパソコンで作ってしまいがちですが、お礼状は基本的に手書きで書くことをお勧めします。字が汚い云々よりも、気持ちが伝わるのは手書き文字です。気持ちを込めて書いてみましょう。

お返しの品を選ぶといいでしょう

基本的にはお中元を貰ったからといって必ず返すという決まりはありません。しかし、貰いっぱなしで気が引けるという人は、頂いた品物より少し価格を抑えたものを贈るといいでしょう。お中元の贈る時期を、必ず確認してから贈りましょう。

広告募集中