感謝の気持ちを込めて開店祝いをプレゼントしよう

花やアルコール類が人気!開店祝いを選ぼう

感謝の気持ちを込めて開店祝いをプレゼントしよう

花

開店祝いを贈る相場として、取引先の場合は10,000円から30,000円、重要な取引先の場合は30,000円から50,000円を目安に贈ります。その他の知人は5,000円、親しい友人は10,000円、身内の場合は30,000円から50,000円の物を選びましょう。金額に迷ってしまった場合は少なくするよりも多めに包むほうがいいでしょう。ただし、多すぎても相手の方が困ってしまうので気を付けましょう。

開店祝いを贈るタイミング

開店日が分かった時点で早めに贈るといいでしょう。なるべく日にちがすぎないように、開店日が分かったら最低でも開店の1週間前までには贈りましょう。ただし、お花に関しては例外です。開店日の午前中に贈るといいのですが、開店日は忙しい場合が多く、贈る前に一言連絡を入れましょう。また、もうワンランク気を使った贈り方をする場合、六曜の意味を参考にして贈っても喜ばれます。

メッセージの添え方

開店祝いと共にメッセージを添えると喜ばれます。しかし、開店祝いのメッセージに使用してはいけない単語があります。赤字や火事をイメージする文字、傾くや流れるなど縁起の悪い文字を使用する事は避けるようにしましょう。否定的な事を書くのではなく、これから頑張ってほしいというエールを伝える前向きなメッセージを送りましょう。親しい友人や取引先など関係性によって文章も大きく変わります、その点を注意して書きましょう。

【開店祝いの比較】お花とプレゼント

店内が華やかになるお花のお祝い

お店の外や中など、お店を華やかにしてくれるフラワーギフト。根の付いたものはその場に根ずくという意味があり、開店祝いとして縁起物と言われています。

お店のイメージに合うプレゼントは喜ばれます

お店のイメージにぴったりなものをプレゼントするといいでしょう。飲食店の場合、樽ビールやワインなどはとても喜ばれます。

広告募集中