相手の好みや趣味を反映!喜ばれやすい開店祝い

喜ばれるものを贈ろう

お中元や開店祝いなど、贈り物を贈る際の基準は受け取った側に喜んでもらえるような贈り物をする事です。相手の好みを事前に把握している人は、相手の趣味の物を贈るのも良いとされています。小さなお子様がいる家庭は、お子様が喜ぶような贈り物を贈るといいでしょう。

開店祝いを贈る際には注意事項も把握すべき

ギフト

新装開店祝いには何を贈るべきか

開店祝いにはそのお店にぴったりなものを贈るといいでしょう。例えばレストランなどの飲食店の場合、ワインを贈るとお料理にも使えるので喜ばれます。また、店内が華やかになるフラワーギフトや空気を綺麗にしてくれる観葉植物もぴったりです。開店祝いの場合、根のある植物は縁起物とされています。

開店祝いの贈り物の注意点

開店祝いを贈る時、タブーなものがあります。1つ目は火事を連想させるものです。マッチやライター、キャンドルに赤い花は開店祝いにはふさわしくありません。包丁やハンカチも、縁を切るや手切れを意味し、開店祝いにふさわしくありません。割れ物も別れを意味するため、開店祝いを選ぶ際、これらのものは贈らないようにしましょう。

贈り物を贈る場面ってどんな時?

贈り物を贈る場面は、日常生活の中でたくさんあります。お中元など日ごろお世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈り物を贈ったり、結婚内祝いのお返しや出産祝い、大切な人への記念日など、贈る場面はそれぞれです。高価なものではなくても、その人が喜びそうなものを贈る事が、贈り物を選ぶ時の重要なポイントになります。

お中元のマナー

関東と関西で贈る時期が異なります

意外と知られていないことですが、関東と関西ではお中元を贈る時期が異なります。関東では7月初旬から7月15日まで、関西では7月下旬から8月15日までです。特に関西地方へお中元を贈る際は、時期を外すことがないように気を付けましょう。

受け取り側の好き嫌いを把握しましょう

贈り物は相手の方に喜んでもらうものを選ぶことが前提です。よって受け取り側の嫌いなものをおくっては大変失礼になってしまいます。相手の方の好きなものをしっかりと把握し、それに関係するものを贈るようにするといいでしょう。

賞味期限が短いものは贈らないようにしましょう

配達日に相手が不在というケースも考えて、賞味期限が数日の生鮮食品を贈る事はあまり好ましくありません。特にお中元を贈る時期は夏です。保管場所も限られてしまったり、傷みが早くなってしまう事から迷惑になってしまう事もあるので注意しましょう。

トレンドを押さえた商品を選びましょう

老舗ブランドや大手メーカーでは毎年様々な商品を展開しています。また贈り物のブームも毎年異なり、若い人がいるご自宅へ贈り物をする時、無難な水ようかんやゼリーも良いのですが、時には違ったものを贈ると大変喜ばれるでしょう。

マナーを守って贈ろう

贈り物をする際、絶対に贈ってはいけないものがあります。手切れや縁を切るというイメージがあるハンカチや包丁などの刃物類、苦と死を表す櫛、別れを示す割れ物など贈り物として贈ってはいけないものはたくさんあります。

お中元を通販で決めた人の声

大手百貨店でも取り扱ってない商品が多数あります

大手百貨店でも取り扱ってない商品が通販サイトでは多数あります。老舗メーカーの商品も取り扱っており、普段なかなかお目にかかれないような商品を贈りたい場合、デパートなどの百貨店へ行くよりも簡単に入手できるのでお勧めです。

自宅でゆっくり贈り物を吟味することができます

なかなか外へ出歩けない人も、通販なら自宅で誰にも邪魔されず、ゆっくりと商品を吟味することができます。通販サイトによっては、早割サービスやポイントも付与されることもあり、贈り手もお得に商品を選ぶことができます。

広告募集中